125978w.png

〒408-0044

山梨県北杜市小淵沢町大平10061

TEL 0551-36-3200 / FAX 0551-36-4569

八ヶ岳牧場の沿革

 現在の八ヶ岳牧場天女山分場(北杜市大泉町西井出)の地は、恩賜県有林で大正14年まで森林下採草地として大泉村他5ヶ村に貸し付けられ地域で利用されてきた。

大正15年 県は、軍用馬の育成と有畜農業の振興施策等から、当該恩賜県有林を借地し県営夏期預託牧

      場を開設し、軍用馬及び役畜の馬や和牛の放牧を開始

 

昭和21~25年 第二次世界大戦の終戦を境に5年間休牧

昭和26年 県営牧場放牧条例を制定し牧場を再開。放牧家畜は次第に馬から牛に替る

昭和30年 国から八ヶ岳集約酪農地域に指定され、酪農振興が盛んになり乳牛が急増

昭和35年 集約牧野改良事業に着手し草地整備(~36年)

昭和38年 小規模草地改良事業に着手し、草地及び施設等を整備(~44年) 

昭和43年 県営八ヶ岳牧場設置及び管理に関する条例を制定

昭和45年 肉用牛生産基地の建設に向け、肉用牛繁殖育成事業を開始

昭和49年 肉用牛生産基地(八ヶ岳牧場本場)を建設するため、団体営草地開発整備事業に着手

                                         (~54年)

昭和51年 県営八ヶ岳本場完成。既設牧場を「天女山分場」に改称

      財団法人子牛育成協会設立

昭和52年 牧場管理業務の一部を協会に委託。

昭和53年 天女山分場の団体営草地開発整備事業に着手(~57年)

昭和60年 「県営八ヶ岳牧場」を「県立八ヶ岳牧場」に改称し、牧場管理業務を山梨県子牛育成協会に

      全面委託

      本場を再整備するため、団体営草地開発整備事業に着手(~63年)

 

 

平成 元年 天女山分場の一角に県立まきば公園を建設し、天女山分場を再整備のため公共牧場機能強化

      事業に着手(~6年)

平成 5年 県立まきば公園の管理業務を山梨県子牛育成協会に委託

平成 6年 まきば公園開園

平成 9年 本場を機能強化するため、草地畜産活性化特別対策事業に着手(~13年)

平成12年 堆肥化処理施設が完成し、コンポスト堆肥製造開始

平成13年 牛糞・馬糞混合堆肥「まきばのめぐみ」販売開始

      冬期預託牛舎完成し周年預託開始

平成18年 県立八ヶ岳牧場、県立まきば公園に指定管理者制度を導入し、両施設の指定管理者に山梨県

      子牛育成協会を指定

平成23年 八ヶ岳牧場の第二期指定管理者に山梨県子牛育成協会を指定(~27年)

平成28年 八ヶ岳牧場の第二期指定管理者に山梨県子牛育成協会を指定(~32年)

平成30年 本場、天女山分場の機能を強化するために、農業競争力強化基盤整備事業に着手

                                        (~令和3年)

山梨県立 八ヶ岳牧場

〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町大平10061

TEL 0551-36-3200 / FAX 0551-36-4569